大阪・堺市でビザ申請や帰化申請のことなら、堺ビザ申請・帰化申請サポートオフィス(林行政書士事務所)にお任せください。

お電話でのお問合せはこちら
072-232-0123
受付時間
10:00~19:00
定休日
土曜・日曜・祝日

メールでのお問合せは24時間可能

バーやスナックで知り合った外国人との結婚の問題点

 

どんな経緯であれ、真剣に交際してからの結婚は、入管は配偶者ビザを発行してくれます。

勿論、審査には日本で生活できるだけの収入の証明は必要ですが、、、

 

また、職業に貴賤はありませんから、違法な仕事をしていない限り、ビザの交付に建前上、問題ありません。

 

ここで問題になるのは、「建前上」です。

 

外国人婚約者が日本で看護師や保育士といった専門職や、会社員(OL)、といった仕事に従事しているのであれば、入管に管理されている過去の書類から情報が把握できますが、バーやスナックといった水商売(風俗)で働いている女性は、そもそも入管に仕事内容を届けているケースが稀です。

 

届出している外国人としては、

「日本人の配偶者」、「永住者」、「永住者の配偶者等」や「定住者」等です。

何故なら、上記ビザは日本で合法的に働くことができるからです。

 

但し、合法的に働くことができるが故に入管に届けていなかったり、税金逃れする為に収入があっても確定申告しない人もいます。

 

それ以外のビザ所持者は働くことができません。

 

よくアジアから「歌手」や「ダンサー」等がバーやキャバレー等で働いていますが、彼女達のビザは「興行」ですから、歌うことや踊ることは出来ますが、接客は違法行為になります。

 

興行主や店のオーナー達は、せっかく外国から若い女の子を連れて来たのだから、歌や踊り以外のサービスを求めることになります。

 

それが「接客」です。

 

多くのスナックやバーは先程述べた、「日本人の配偶者」、「永住者」、「永住者の配偶者等」や「定住者」の女性を雇用していると思いますが、彼女たちは既に日本人や外国人と結婚しているケースが多く、また年齢もそこそこ(熟女?)です。

 

若い独身の外国人女性で水商売に従事しているとなると、上記ビザを持っている人は限られます。(大抵日本生まれの外国人です。)

 

では、どんな若い独身の外国人女性がバーやスナックで働いているのでしょうか?

 

大まかに分けて下記の4つです。

 

① 興行ビザ

 

② 留学ビザ

 

③ 研修ビザ

 

   観光ビザ

 

但し、これらのビザではバーやスナックでは働けません。

 

まず、①の興行ビザは、そもそも演芸、歌謡、舞踊、演奏等のショー等に出演する為のビザで、外国人もその道のプロであり、かつ招聘元の演劇施設の条件も厳しく入管法で決められているので、簡単にビザが交付されません。

興行ビザではプロフェッショナルとして、歌や踊りをすることはできますが、接客は「厳禁」です。

 

また、苦労して呼び寄せても、在留中に店の客と結婚されたら大損害になります。

 

ですから、普段から女性の行動・管理を厳しくチェックしている所が多いです。

 

それを知らずに交際して、発覚すると大変なことになります。

 

 

②の留学ビザで働く女性も多いです。

多くの留学生は将来日本で働きたいという目標を持って勉強しますが、中には「生活費を多く稼ぎたい」や「良い生活をしたい」といった理由でスナックやバーで働く学生もいます。

本人はアルバイト感覚の軽いつもりで働きますが、入管に事実が発覚すると、次のビザの更新は出来ません。

即ち、入管に捕まると、今後日本で勉強することができません。

 

③の研修生は、現状の「研修」とは名前だけで、もともと日本でお金を稼ぐつもりで来日する外国人が多く、最初から研修する意識が低く、来日後研修先から逃げて、同胞などに頼って、日本中を回りながら在留期限まで精一杯金を稼ぐ方法です。

ですから、オーバーステイもそれ程気にしていませんし、チャンスがあれば日本人と結婚して配偶者ビザを取得したいと考えています。

 

の観光ビザで来日して風俗で働く外国人が、最近多くなっています。

日本政府は最近アジア諸国と観光ビザ免除や観光ビザ緩和策のお陰で来日する外国人も急激に増加しましたが、反面安易に入国できる為、不良外国人が増加傾向になっています。

特にノービザで入国する外国人は余程身なりが酷かったり、お金を持っていない限り、大抵入国を認められます。

その中で、一部の女性がバーやスナックで違法で働くのです。

日本で働くと、自分の国で働くより何倍も稼げますから、在留期限ギリギリまで働きます。

そして、そのような行為を年に数回重ねる強者もいます。

観光ビザで働くことは勿論違法です。

捕まれば入管送りになり、退去強制処分にされます。

 

 

これらのように、バーやスナックで外国人女性と知り合うチャンスはありますが、外国人は日本人と違い、合法的に働けない人が多いことを理解しておいて下さい。

 

それでも「愛」は人の感情を止めることはできません。

 

例え、上記4つのビザに該当する外国人でも、二人が真剣に愛し合っているのなら、合法的にビザを取得することはできます。

 

当事務所では、入管からビザの不交付や不許可を受けた多くの方々からの依頼を受け、交付・許可の実績があります。

 

悩んでいても、問題は解決しません。

 

バーやスナックで知り合った女性と結婚を真剣に考えている方は、当事務所へご相談・ご依頼して下さい。

 

新しい生活が歩める可能性が出ます。

ご相談・ご依頼はこちらに!

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間:10:00~19:00
定休日:土曜日曜祝日

お問合せはこちら

お問合せは下記のTELへ

072-232-0123

    お問合せ・ご相談

Menu

代表者プロフィール

堺ビザ申請・帰化申請
サポートオフィス
林 行政書士事務所

大阪府堺市堺区住吉橋町1-2-12

電話 072-232-0123

親切・丁寧な対応をモットーとしております。

ご連絡先はこちら

林 行政書士事務所

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123
住所

〒590-0973
大阪府堺市堺区住吉橋町1-2-12