大阪・堺市でビザ申請や帰化申請のことなら、堺ビザ申請・帰化申請サポートオフィス(林行政書士事務所)にお任せください。

お電話でのお問合せはこちら
072-232-0123
受付時間
10:00~19:00
定休日
土曜・日曜・祝日

メールでのお問合せは24時間可能

在日韓国人・朝鮮人の帰化

 

韓国人・朝鮮人の帰化許可申請者は毎年多く、10,000人前後が帰化しています。

在日の方が多いですが、最近、留学や結婚で渡日後に帰化申請を希望される方も増加しています。

 

在日の方で一番苦労するのが、母国の書類収集とそれらの翻訳作業です。

平成20年の韓国戸籍制度改革により、これまで日本同様戸籍の収集で種類が揃ったのが、個人の各種証明書(身分関係の証明書)を取得する必要になった為、帰化申請時に用意する証明書がかなり煩雑になりました。



一般的に韓国人の方は、下記に説明する書類を用意しなければなりません。


 家族関係証明書

② 基本証明書

③ 婚姻関係証明書

④ 入養関係証明書

⑤ 親養子入養関係証明書

 

両親の基本証明や婚姻証明も用意する必要がある為、事前に用意する証明書はとても多くなります。各証明書を翻訳しなければなりません。

しかし、収集する書類は各証明書だけではありません。
多くの申請者は
韓国の戸籍謄本(除籍謄本)も申請の際に必要になります。

これは、各種登録事項別証明書が正しく記載されていないことを理由として、韓国除籍謄本を法務局から求められるからです。


帰化することは、日本の戸籍を新たに編製する必要があります。
その為には、
韓国での家族相関がはっきりしてないと、いけません。

戸主が祖父や曽祖父となっている謄本などは、枚数も膨大になることが多く、登録事項別証明書と同様に翻訳が必要なため、自身で用意をするのは余計に手間がかかります。

取得には、在日韓国領事館や直接韓国の役所へ問合せして取得しますが、この
除籍謄本の収集がかなり煩雑で、この段階で帰化申請を諦める方も多くいます。
たとえ戸籍謄本を収集手続をしても、戸籍謄本が見つからないということが、たまにあります。
こうなると、ご自身では対応できなくなり、何カ月もかけて収集してきた作業が「The End」になります。

このようにならない為にも、当事務所へご相談下さい。



途中で諦めた方も、当事務所でご相談されることで、解決策が見つかるはずです。
一度ご相談下さい。

あなたの韓国戸籍地は分かりますか?

 

特別永住権資格を持っている在日韓国・朝鮮の方が帰化申請を行う際に、本国の本籍地を知らない方が多くいらっしゃいます。

  

在日の方が、日本で生れたり、結婚したり、子供を生んだり、亡くなった場合は、韓国にそれらの届出をしないといけませんが、2世、3世といった在日の方は、日本での生活が長くなる上、生活にも特に不自由がないので、本国(韓国)に届出をする方が減っています。

 

韓国に届出している方でも、これまで民団に手続依頼されていた方が結構多く、特に両親が亡くなった場合にどうやって手続をしたらよいのか分からないケースが多いです。

 

帰化申請の手続には、本国戸籍や証明書を添付する必要がありますが、自分の本籍地を知らないと、これらの書類を請求することが難しくなります。

帰化を考えているなら、両親や親戚が健在の内に、自分の本籍地を確認しておく必要があります。

そして、早めに帰化申請することです。

帰化申請の追加書類

 

韓国人の方の帰化申請に必要な書類が追加されました。

  

これまで、韓国籍の方が帰化申請する際は、本人の基本証明書、家族関係証明書婚姻関係証明書、父母の家族関係証明書と婚姻関係証明書を、韓国から収集して法務局に提出していましたが、平成23年1月から新たに下記の書類を提出する必要があります。

  

①    入養関係証明書

  

②    親養子入養関係証明書

  

これらの書類は、日本では、養子縁組に関する事項を証明する書類ですが、帰化申請者が養子縁組をしていない場合であっても、必ずこれらの書類を韓国から取り寄せ、翻訳文も添付する必要があります。

  

韓国では、平成20年1月までは、日本同様戸籍制度がありましたので、養子縁組に関する事項もすべて戸籍から読み取ることができました。

  

しかし、上記のように戸籍制度が廃止されたので、帰化申請には身分事項に関するさまざまな各証明書を取り寄せ、法務局に提出しなければなりません。

  

日本生まれの在日韓国・朝鮮の方は、母国に行ったことが無い人も多く、どのようにしてこれらの証明書を韓国から収集すれば良いか分からない場合が多いです。

  

当事務所では、帰化申請は勿論、各種証明書の取り寄せや翻訳も全て承りますから、安心してご依頼して頂けます。

  

在日の方の帰化申請は思い立ったら、吉日です。

 帰化申請に豊富な経験がある、当事務所へご相談・ご依頼下さい。

ご相談・ご依頼はこちらに!

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間:10:00~19:00
定休日:土曜日曜祝日

お問合せはこちら

お問合せは下記のTELへ

072-232-0123

    お問合せ・ご相談

Menu

代表者プロフィール

堺ビザ申請・帰化申請
サポートオフィス
林 行政書士事務所

大阪府堺市堺区住吉橋町1-2-12

電話 072-232-0123

親切・丁寧な対応をモットーとしております。

ご連絡先はこちら

林 行政書士事務所

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123
住所

〒590-0973
大阪府堺市堺区住吉橋町1-2-12