大阪・堺市でビザ申請や帰化申請のことなら、堺ビザ申請・帰化申請サポートオフィス(林行政書士事務所)にお任せください。

お電話でのお問合せはこちら
072-232-0123
受付時間
10:00~19:00
定休日
土曜・日曜・祝日

メールでのお問合せは24時間可能

中国人の帰化申請

ここ数年中国人の帰化申請数は年々増加しており、毎年約5,000人前後の中国人が帰化しています。

 外国人が帰化申請する際に最も苦労されるのが、準備する書類の膨大です。

  

帰化申請の為の条件をクリアーできても、帰化申請には日本語の読み書きは勿論、日本語の会話能力が必要ですから、書類が揃っただけでは帰化許可されません。

  

書類も申請人の出生から現在までの証明書類や、親族関係の書類等、たくさん収集する必要があります。

 また、中国から取り寄せた各種証明書は日本語に翻訳する必要があります。

  

 

サラリーマン(会社員の)、基本的な書類は下記の通りです。

 

□  写真(縦5cm×横5cm) 2枚


□  パスポート


□  運転免許証および運転記録証明書


□  最終学校の卒業証書または卒業証明書


□  技能及び資格証明書

 

□  帰化の動機書


□  帰化許可申請書


□  親族の概要書


□  履歴書


□  生計の概要書


□  自宅・勤務・事務所付近の略図

  

日本で取得する書類 

 

□  出生届書


□  婚姻届書


□  離婚届書

 

□  死亡届書

 

日本の戸(除)籍謄本(例:日本人の配偶者等がいる場合)


住民票


在勤及び給与証明書


源泉徴収票


都道府県・市区町村民税納税(非課税)証明書


賃貸借契約書(賃貸の場合)


土地・建物登記事項証明書(所有の場合)


その他(必要に応じて追加書類があります)

 

本国(中国)で、下記の家族の身分関係を証明する証明書を用意する必要があります。

 その他、必要に応じて追加書類があります。

 自国で下記の家族の身分関係を証明する証明書を用意する必要があります。

 

 

① 出生公証書


② 結婚公証書


③ 親族関係公証書


④ 死亡公証書


⑤ 離婚公証書


⑥ 国籍証明書

 

⑦ 養子縁組等の公証書

  

書類は、原則、両親の婚姻から現在までの状況がわかる上記の証明書が必要です。

 

これらの証明書は、内容によってはかなり高度な翻訳になりますので、日本語が得意でない方には大変です。

 

  帰化許可申請で、国籍証明書を取得する場合、大使館や領事館への申請を行います。

 この申請には中国パスポートを提出する必要があり、証明書の発行に合わせてパスポートが無効にされますので、帰化申請中は、中国パスポートも無効状態になり、当然帰化許可されてない為、日本のパスポートの取得もできません。

 

もし、出国する場合は、「旅行証」を発行してもらう必要がありますので、親族間の問題で緊急に出国しなければならないとき以外は、安易に観光旅行は控えたほうが良いでしょう。

 


当事務所では帰化申請に豊富な実績がありますので、安心してご相談・ご依頼して頂けます。


お気軽にご相談ください。

中国人事業主や会社役員等が必要な書類

中国人事業主会社役員で、 帰化申請に必要書類な書類は下記の通りです。

 


□  写真(縦5cm×横5cm)2枚


□  パスポート


□  運転免許証および運転記録証明書


□  最終学校の卒業証書または卒業証明書


□  技能及び資格証明書


□  帰化の動機書


□  帰化許可申請書


□  親族の概要書


□  履歴書


□  生計の概要書


□  事業の概要書


□  自宅・勤務・事務所付近の略図

  

 

日本で取得する書類 

 

□  出生届書


□  婚姻届書


□  離婚届書

 

□  死亡届書

 

日本の戸(除)籍謄本(例:日本人の配偶者等がいる場合)


住民票


在勤及び給与証明書


源泉徴収票


都道府県・市区町村民税納税(非課税)証明書


賃貸借契約書(賃貸の場合)


土地・建物登記事項証明書(所有の場合)


その他(必要に応じて追加書類があります)

 

更に、本国(中国)で、下記の家族の身分関係を証明する証明書を用意する必要があります。

 

本国で取得する書類

 


□  国籍証明書


□  出生公証書


□  婚姻公証書


□  死亡公証書


□  離婚公証書


 親族関係公証書


□  養子縁組等証明書


□  本国書類の翻訳文

 

書類は、原則、両親の婚姻から現在までの状況がわかる上記の証明書が必要です。

台湾(中国)人の帰化申請に必要な書類

中国(台湾)の方が帰化申請する為に必要な書類は、下記の通りです。

 

申請者がサラリーマン(会社員)の場合に必要な、基本的な書類

 

□  写真(縦5cm×横5cm) 2枚


□  パスポート


□  運転免許証および運転記録証明書


□  最終学校の卒業証明書又は卒業証書


□  技能及び資格証明書


□  帰化の動機書


□  帰化許可申請書


□  親族の概要書


□  履歴書


□  生計の概要書


□  自宅・勤務・事務所付近の略図

 

 

台湾で取得するもの

 

□  戸(除)籍謄本

 

 

日本で取得する書類

 

 

□  出生届書


□  婚姻届書


□  離婚届書


□  死亡届書


□  日本の戸(除)籍謄本(日本人と結婚している場合や親族が日本人の場合)


□  住民票


□  在職証明書及び給与証明書


□  源泉徴収票


□  都道府県・市区町村民税納税(非課税)証明書


□  賃貸借契約書(賃貸の場合)


□  土地・建物登記事項証明書(所有している場合)


□  その他、申請者によって追加書類が異なります

台湾(中国)人の事業主・会社役員が必要な書類

 

中国(台湾事業主・会社役員の帰化申請に必要な書類

 

□  写真(縦5cm×横5cm)2枚


□  パスポート


□  運転免許証および運転記録証明書


□  最終学校の卒業証明書または卒業証書


□  技能または資格証明書


□  帰化の動機書


□  帰化許可申請書


□  親族の概要書


□  履歴書


□  生計の概要書


□  事業の概要書


 自宅・勤務・事務所付近の略図

 

 

日本で取得する書類

 

□  出生届書

 

□  婚姻届書


□  離婚届書


□  死亡届書


□  日本の戸(除)籍謄本(例:日本人の配偶者等)


□  住民票


□  在職証明書および給与証明書


□  都道府県・市区町村民税納税(非課税)証明書


□  賃貸借契約書(賃貸の場合)


□  土地・建物登記事項証明書(所有の場合)


□  その他、上記以外書類が必要になる場合があります

 

 

個人経営者の場合

 

□  確定申告書(控)の写し


□  納付書の写し


□  営業許可書免許証等の写し


□  所得税納税証明書


□  個人事業税納税証明書


□  消費税納税証明書

 

 

法人経営している場合

 

□  確定申告書(控)の写し


□  決算書貸借対照表


□  法人税納税証明書


□  法人事業税納税証明書


□  源泉徴収簿写しおよび納付書写し


□  消費税納税証明書


□  法人都道府県民税納税証明書


□  法人市区町村民税納税証明書


□  会社の登記事項証明書

 

□  その他、上記以外書類が必要になる場合があります

 

更に、本国(台湾)で、下記の家族の身分関係を証明する証明書を取得する必要があります。

 

□  戸(除)籍謄本


□  本国書類の翻訳文 

ご相談・ご依頼はこちらに!

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間:10:00~19:00
定休日:土曜日曜祝日

お問合せはこちら

お問合せは下記のTELへ

072-232-0123

    お問合せ・ご相談

Menu

代表者プロフィール

堺ビザ申請・帰化申請
サポートオフィス
林 行政書士事務所

大阪府堺市堺区住吉橋町1-2-12

電話 072-232-0123

親切・丁寧な対応をモットーとしております。

ご連絡先はこちら

林 行政書士事務所

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123
住所

〒590-0973
大阪府堺市堺区住吉橋町1-2-12