大阪・堺市でビザ申請や帰化申請のことなら、堺ビザ申請・帰化申請サポートオフィス(林行政書士事務所)にお任せください。

お電話でのお問合せはこちら
072-232-0123
受付時間
10:00~19:00
定休日
土曜・日曜・祝日

メールでのお問合せは24時間可能

専門士の就職

 

専門学校を卒業した専門士が卒業後も、就職活動を続けるためには、どうすれば良いでしょう?

留学」から「特定活動」への「在留資格変更許可」の申請手続が必要です。


専門学校を卒業した留学生で、在学中から就職先を探していたのに卒業までに就職が決まらなかっても、卒業後も日本での就職活動を継続することを希望する場合は、最長一年間の滞在が認められています。

但し、専門学校の場合、卒業したときに「専門士」の称号を取得できる学校でないといけません。


就職活動できる場合の在留資格は「特定活動」で、在留期間は原則として「6月」になり、一回の在留期間の更新が認めら、最長1年日本で就職活動できます。


申請に必要な書類は、次のとおりです。
 

1) 専門学校を卒業して「専門士」の称号を取得した者


(A)  在留資格変更許可申請書


(B)  在留中の経費支弁能力を証明する文書


(C)  「専門士」の称号を有することの証明書


(D)  専門学校の卒業証書または卒業証明書成績証明書


(E)  卒業した専門学校からの継続就職活動についての推薦状

(F)  就職活動を継続していることを明らかにする資料


(G)  専門学校における習得内容の詳細を明らかにする文書



尚、就職活動期間中に就職が内定が出たものの、入社時期がまだ先である場合(例えば10月に就職が決まり、翌年4月に入社するような場合)は、採用までの間(内定後1年以内であって卒業後1年6月を超えない期間に限ります。)、そのまま在留を継続することができます。

 


2) 「特定活動」の在留期間更新許可申請には


① 在留中の経費支弁能力を証明する文書


② 内定した企業において、採用後に行う活動に応じて変更することとなる、就労に係る在留資格への在留資格変更許可申請に必要な資料、内定通知書、内定先企業からの誓約書等が必要になります。


尚、「留学」から「特定活動」への在留資格変更許可された場合、手数料は4,000円(収入印紙)がかかります。

ご相談・ご依頼はこちらに!

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間:10:00~19:00
定休日:土曜日曜祝日

お問合せはこちら

お問合せは下記のTELへ

072-232-0123

    お問合せ・ご相談

Menu

代表者プロフィール

堺ビザ申請・帰化申請
サポートオフィス
林 行政書士事務所

大阪府堺市堺区住吉橋町1-2-12

電話 072-232-0123

親切・丁寧な対応をモットーとしております。

ご連絡先はこちら

林 行政書士事務所

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123
住所

〒590-0973
大阪府堺市堺区住吉橋町1-2-12