大阪・堺市でビザ申請や帰化申請のことなら、堺ビザ申請・帰化申請サポートオフィス(林行政書士事務所)にお任せください。

お電話でのお問合せはこちら
072-232-0123
受付時間
10:00~19:00
定休日
土曜・日曜・祝日

メールでのお問合せは24時間可能

帰化申請中の注意点

帰化の申請をしてから、一定の期間が過ぎると、「面接に来るように」法務局の担当者から申請者に連絡が入ります。

 

申請してからどれぐらいの期間後に面接の呼び出しがくるかは、各法務局の申請の混み具会うによりますから、地方では数週間後に連絡がくる人もいれば、都市部では数ヵ月後にくる人もいます。

 最近は帰化希望者が多く、地方でも数カ月待ちが多くなっています。

 面接日が決まると、面接は申請を行った法務局で、平日に行われます。

  

仕事の都合などで、法務局が指定した日時にどうしても行けない場合は、担当官にその旨を伝え、別の日時にしてもらえるよう頼んでみるといいでしょう。

 以前は法務局の都合で、指定日以外の変更は難しかったですが、現在はある程度申請者に日時を合わせてもらえるので、日程連絡があれば担当者に都合のよい日を申し出れば良いでしょう。

面接のチェックポイント

法務局での面接は、おおむね下記の事項についてチェックされます。

 

① 申請書に記載している内容の確認

 

帰化を申請する際に提出した申請書の内容について、担当官から質問を受けます。

質問としては、日本に来た経緯や、日本で結婚をされている場合はその経緯や職業など、人それぞれの事情によって、聞かれる内容も異なっています。

 

② 日本語をどの程度理解しているかの確認

 

帰化許可を得て、「日本人」として日本で生活していく上で、日本語の読み書きや日本語を話せることは必要不可欠です。

法務局での面接では、帰化申請者の日本語の能力もチェックします。

特別永住者以外は、帰化の理由書を提出する必要があるので、会話だけではなく、ある程度の日本語を書く能力が必要です。

 

それを証明するのが、「帰化の動機書」です。

 

行政書士は、依頼者の書類の収集や作成、また法務局の担当者と打ち合わせはできますが、面接は必ず申請者が出頭しなければなりません。

 

当事務所では、面接に不安な方に、事前に個別面接についての指導を行うことも可能ですから、安心して、ご依頼して頂けます。

帰化申請中にすること

法務局から何度も指示・指摘を受け、何カ月もかけてようやく書類を収集し、申請に至ることができ、そして、緊張した担当官との面接もなんとか終了し、許可が下りるまでの間は、申請者にとって不安な状況になりますが、下記のような変更があった場合には、法務局の担当官に連絡する必要があります。

 

1 住所又は連絡先が変わったとき

 

2 勤務先や通学先等が変わったとき

 

3 在留資格や在留期間が変更したとき

 

4 交通違反等、罪を犯したとき

 

5 婚姻・離婚・出生・死亡・養子縁組・離縁など身分関係に変動があったとき

 

6 帰化許可申請書に記載済みの帰化後の本籍・氏名を変更したいとき

 

7 やむを得ない理由で、日本からの出国予定(再入国予定を含む)が生じたとき、及び再入国したとき 

 

たとえ軽微な交通違反でも、反則切符を切られた場合は、法務局へ報告する必要があります。

この場合、軽微な事故であれば、それほど問題にはなりませんが、人身事故を引き起こしてしまった場合などは帰化許可への影響も大きくなりますから、帰化申請中は通常以上に運転に気をつける必要があります。

 

事故を隠したところで、後日発覚すると帰化に影響を受けますので、必ず連絡しなければなりません。

帰化申請中も 海外旅行に出かけることができますが、現地で犯罪に巻き込まれる可能性もありますので、必要以上に出国しないほうが賢明でしょう。

 

当事務所でご依頼された方は、書類の収集・作成は勿論、申請・許可に至る、精神的(メンタル)なサポートもいたしますので、安心してご依頼して頂けます。

帰化申請の審査結果

 

 

法務局での面接が終了すれば、法務省での審査が行われ、問題がなければ数ヵ月後に結果が通知されます。

  

帰化を許可された場合は、下記の作業で申請者に通知されます。

 

① 法務大臣が帰化を許可する

 

② 官報に告示

  

③ 法務局の担当官が帰化許可者をチェック

  

④ 法務局が、本人に連絡

 

 ⑤ 法務局から本人(申請者)に身分証明書を交付

  

また、残念ながら帰化申請が不許可となった場合は、次の手順でご本人に通知されることになります。

  

① 法務大臣が帰化を不許可にすると裁決

  

② 法務局から本人にその旨を連絡

  

申請した上で不許可になる原因は申請者に相当の理由があったと考えられますから、すぐに再申請しても許可される可能性は少ないです。

ご相談・ご依頼はこちらに!

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間:10:00~19:00
定休日:土曜日曜祝日

お問合せはこちら

お問合せは下記のTELへ

072-232-0123

    お問合せ・ご相談

Menu

代表者プロフィール

堺ビザ申請・帰化申請
サポートオフィス
林 行政書士事務所

大阪府堺市堺区住吉橋町1-2-12

電話 072-232-0123

親切・丁寧な対応をモットーとしております。

ご連絡先はこちら

林 行政書士事務所

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123
住所

〒590-0973
大阪府堺市堺区住吉橋町1-2-12