大阪・堺市でビザ申請や帰化申請のことなら、堺ビザ申請・帰化申請サポートオフィス(林行政書士事務所)にお任せください。

お電話でのお問合せはこちら
072-232-0123
受付時間
10:00~19:00
定休日
土曜・日曜・祝日

メールでのお問合せは24時間可能

大阪・堺市の堺ビザ申請・帰化申請サポート

ロシア人との結婚の問題点

 

お見合い業者を通しての結婚

  

近年の日本は国際化が進み、外国人との結婚も日本人同様一般的になってますが、ロシア人との国際結婚も増加しています。

 

 ロシア人との結婚での多くの一つに、「お見合い業者を通しての結婚」があります。

  

このケースで結婚は、男性に結婚願望があるものの、女性と知り合える機会が少なく、やむなく業者に依頼する場合です。

  

普段から女友達がいたり、女性と交際した経験がある人は、業者の言いなりにならず自己判断できますが、これまで殆ど女性との付き合いがない方は判断ができなくなり、業者の言いなりになり不本意な結婚をするケースです。

 増して結婚願望が高いので、自分の好みではない女性にでも、結婚に同意する男性が多いです。

  

語弊があるかも知れませんが、残念ながら、このような業者を通しての結婚でロシア人女性が日本人男性と結婚する場合は、「愛情」より「お金」に重点を置く女性が多いです。

 

勿論、純粋に日本人男性が好きで結婚するロシア人もいると思いますが、そういう女性はお見合い業者に依頼することは少ないでしょう。

日本のことが好きでない限り、最初から日本人と結婚したいということ自体不可解なものです。

結婚とは「国籍」でするものではありません。

お互いが「愛しあって」、「信頼感が生まれて」、結婚をするものです。

決して、国籍を求めて結婚しません。

 

近年のロシアは経済成長も上昇し金持ちが増加していますが、一般市民の生活はまだ慎ましく、給与も日本と比べて高くありません。

いくら日本経済が停滞していても、外国人から見れば日本は先進国でお金持ちというイメージが今もあります。

 

そんな国へ行くことが出来て、生活に困らない生活ができれば、少々気に入らない男でも結婚しようと考える女性も出てきても不思議でありません。

 でなければ、1回のお見合いで結婚することはあり得ません。

 そういったことを踏まえてロシア人との結婚を考えないと後で後悔するかも知れません。

ロシア人パブやスナックで知り合っての結婚の場合

ロシア人パブやスナックで知り合って結婚する(または結婚をしたい)ケースもあります。

この場合で問題になるのが、そのロシア人のビザ(在留資格)です。

外国人がパブやスナックで働くには、日配、永住者、定住者等のビザが必要です。

 

以前は興行ビザで入国していた外国人もいましたが、現在興行ビザの審査基準が厳しくなったので、取得者はかなり減りました。

また、興行ビザで接客はできません。

 

たとえば、日配ビザは日本人と結婚しているケースが殆どで、そういった女性と付き合うことは不倫になり、離婚事由になり、配偶者から訴えられる可能性があります。

また、永住者のビザを持っている外国人は相当年数日本に滞在しているので、なかなか日本人を恋愛対象で見ないでしょう。

そうなると、付き合いの対象になるのが、留学生や資格外活動している者、もしくは不法滞在している外国人です。

留学生は週28時間アルバイトできますが、風俗営業に関する仕事は禁止されています。

 

不法滞在者は元留学生が多く、留学ビザが更新できなかったり、日本語学校を修了したものの、そのままビザの変更をしなかったり、帰国しなかった為に不法滞在になるケースが多いです。

 

こういった外国人は、これかも日本で金を稼いでいきたいので、どうしても就労できるビザを欲しがります。

その為に、一番手っ取り早いのが、日配ビザです。

日配ビザは、これら外国人にとって、「プラチナカード」と呼ばれています。

 

何故なら、日配ビザがあれば、日本で合法的にどんな仕事にも就くことができるからです。(勿論、法律の範囲内での仕事です。)

日本人はロシア人の若くてきれいな女性に魅力を感じての結婚を意識しますが、ロシア人は日本人をそういった魅力を感じて結婚を意識しません。(勿論、純粋に好意を持って交際する人がいることも事実ですが少数です。)

  

 

スナックに勤めている女性とお客が、恋仲になる。

ドラマの世界ではあり得ますが、現実の世界ではなかなかありません。

せいぜい、その女性は客の気をひかせるものの、結局恋仲になれず、スナックの売り上げに貢献させて終了、といったケースが多いのではないでしょうか?

 

たとえ交際できてもそういった外国人と3ヵ月から半年程度の付き合いで、すぐに結婚というパターンが多く、日本人との交際のように2~3年も付き合っているケースは少ないです。

 

それは何故でしょうか?

 ここまで読まれると、回答は分かりますね。

私は国際結婚を否定する気は毛頭ありません。

しかし、お互いの言葉を理解出来なくて、どうやって結婚生活を送れるでしょう?

日本に住んでいるから、日本語を話せ」や「日本の文化・習慣を理解しろ」では、到底、結婚生活を継続できません。

お互いに打算を持っての結婚は論外です。

パブやスナックでの出会いで結婚することは否定しません。

付き合ってから、どういった経緯をもって結婚するかが一番大切です。

それをしっかり説明できなければ、日配ビザの取得は困難です

偽装結婚と思われるケース

現在入国管理局の日配申請は、「偽装結婚」を前提に審査します.

 勿論、真正の結婚なら、何ら問題なく日配ビザが交付されます。

 

例えば、留学で来日したロシア人が,そのまま日本の企業に就職し、日本人と知り合い、数年間の交際後、結婚する。

こういった、普通なら、ごく当たり前のプロセスが出来ていれば、日配ビザに変更できます。

要するに、これが知り合って結婚に至る恋愛のプロセスです。

日本人同士の場合も殆どが、このような経緯を辿るはずです。

即ち、

① 友達からの紹介

 

② 友人として付き合う

 

③ 恋愛関係になる(恋人として交際する)

 

④ 機が熟して結婚する

                     となります。

 

しかし、中には③の交際期間が7年~10年にもなるのに、「結婚に至るまでに何らかの障害があり、結局破局してしまった。」と、いうことも結構あります。

日本人同士でも結婚に至るまで紆余曲折があるのに、言葉や習慣の違う日本人と外国人が短期間で知り合って、共同生活を送るのは生物学上も困難です。

それも、知り合って数週間での結婚や、パブやスナックで知り合った客とホステスとの関係では、第三者が見ても不自然な関係に映ります。

 どんな打算があろうが、当人達にとっては一応真正な結婚であるなら、それはそれで良しとします。

 

但し、結婚とビザの交付は別問題です。

入管は普通の人の目で審査をします。

不自然な経緯での結婚は厳しく審査します。

そして、一回不交付・不許可になると、当分の間は申請できません。(勿論、申請できますが交付・許可は難しいです)

偽装結婚と思われない為にはどうするか

せっかく外国人と結婚できたのに配偶者ビザが交付されない、といったケースは多いです。

入管申請の問題で一番多いのが、偽装結婚です。

新聞でも毎月のように「偽装結婚で逮捕」といった記事が出ています。

個人間での偽装結婚もあれば、暴力団仲介業者(お見合い業者)が、介入するケースもあります。

これは既に社会問題になっています。

それだけ偽装結婚は、外国人と結婚を求める人にとって、いつでも起こりうる問題でもあります。

では、偽装結婚と疑われない為には、どうすれば良いのでしょうか?

 

答えは至極簡単です。

お互いの愛し合い、信頼できるようになってから結婚することです。

その為には、当然1週間や1ヵ月の交際ではできません。

何年も時間をかけていく必要があります。

 

このプロセスがしっかり経過することで、入管は二人の結婚を真正な婚姻として認めてくれます。

ただ、どうしても短期間で結婚に至ってしまったケースもあります。

そのような場合でも、日配ビザを取得することが可能です。

 

そういった方は、当事務所へご相談下さい。

 

まずは、お電話下さい。

072-232-0123

きっと、解決策が見つかるはずです。

ロシア人が配偶者が日本で生活する問題点

一番の問題は、「言葉」の問題でしょう。

 日本人にとって、ロシア語は身近な言語ではありません。

 また、字体も特殊で、初めて見る人には、何が書いてあるか全く分からないでしょう。

 これは、ロシア人にも同様で、日本語は全く分かりません。

 最近はTVで、韓国語や中国語でのドラマや映画が多くなっていますが、ロシア語は特殊なチャンネルでしか視聴できないでしょう。

  

次に「生活習慣の違い」でしょう。

 日本とロシアの生活習慣も全く違います。

 日本でロシアのように生活をしようとすると、日本人と馴染むことが出来ないでしょう。

 

また、日本人の配偶者の親・兄弟と同居する場合、周りとの関係が出てくるので、もっと大変になるでしょう。

 国際結婚するということは、相手の人格を尊重する必要があります。

 これを否定すると、離婚する可能性が高くなります。

 これは、日本人同士も同じですが、外国人と結婚する場合は、相手の事を理解して、精神的ケアーをしないと短期間で離婚するケースが多いです。

ご相談・ご依頼はこちらに!

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間:10:00~19:00
定休日:土曜日曜祝日

お問合せはこちら

お問合せは下記のTELへ

072-232-0123

    お問合せ・ご相談

Menu

代表者プロフィール

堺ビザ申請・帰化申請
サポートオフィス
林 行政書士事務所

大阪府堺市堺区住吉橋町1-2-12

電話 072-232-0123

親切・丁寧な対応をモットーとしております。

ご連絡先はこちら

林 行政書士事務所

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123
住所

〒590-0973
大阪府堺市堺区住吉橋町1-2-12