大阪・堺市でビザ申請や帰化申請のことなら、堺ビザ申請・帰化申請サポートオフィス(林行政書士事務所)にお任せください。

お電話でのお問合せはこちら
072-232-0123
受付時間
10:00~19:00
定休日
土曜・日曜・祝日

メールでのお問合せは24時間可能

短期間での交際は「配偶者ビザ」取得は難しい

 

近年日本の国際化で外国人と結婚する日本人が多くなりました。

国際結婚のピークは2006年の44701人で、2013年は21488人と半減しましたが、結婚数全体からみると3,3%で、30人に1人が国際結婚ですから、学校のクラスに1人はハーフの生徒がいる計算です。

 

日本人男性が結婚する相手の国籍は、

1 フィリピン

2 中国

3 韓国

4 タイ

      が、上位3か国で全体の80に達します。

 

そもそも結婚とは下記の条件をクリアーしなければなりません。

 

結婚の法的要件

 

しかし、上記要件をクリアーして「結婚」はできても、外国人妻を日本に呼び寄せる「配偶者ビザ」の取得は、別問題です。

 

外国人と結婚する日本人の多くの方が、このことを間違って理解しています。

 

即ち、多くの方は「結婚」=「ビザの取得」と思っており、結婚すれば当然、「配偶者ビザ」も、取得できると考えています。

 

当事務所にも毎週何件も「配偶者ビザ」の申請についての、相談や依頼を受けます。

 

その中で多いのが、既に自分で安易に申請して、「不許可」なったケースです。

 

こういった人に限って、すぐに再申請を希望します。

本人がどうしても申請したいのなら再申請できますが、結果は目に見えます。

安易な申請をして困るのは、自分自身です。

 

では、どのようなケースで不許可になるのでしょうか?

 

その理由の一つとして、交際期間が短いケースです。

 

日本人同士の結婚では交際期間が23年は普通で、反対に5年以上交際しても結婚に至らない方もいます。

 

また、通常「結婚」するにはステップがあります。

即ち、

   友達として知り合う・または知り合いから紹介される

② その人とフィーリングが合うので、交際が始まる

 交際期間中も喧嘩したり、一時的に会わなかったりする

    それでも互いに信じあう愛し合うことができる

 そして、結婚する

 

しかし、短期間で外国人と結婚する(又は結婚したい)方は、上記②~④が殆どなく、知り合って数か月で、結婚する場合が多いです。

 

しかも短期間で外国人と結婚をする人の場合は、知り合った場所がバーやスナック、パブといった場所が多いです。

 

詳しくは、下記をクリック

 

バーやスナックで知り合った女性との結婚の問題点

 

 

たとえ自分たちは短い交際期間でも、「真剣に付き合って結婚したんだ。」という意思があっても、周りの人たちはそう思わないでしょう?

 

外国人相手に交際数か月で、相手の性格、相性は勿論、生活環境、家族構成等把握することは困難です。

 

増して、相手は日本語を話せず(話せても小学生レベル)、自分も相手の言葉も英語も話せないでは、どうやって会話ができるのでしょう?

 

たとえ共通言語が英語でも、両者がネイティブでもない限り、以心伝心は難しいでしょう。

 

夫婦生活は1~2年で終わりません。

10年、20年、30年と、続くものです。

 

 

常識的に考えて、あなたの友達が互いの言語をろくに話せず、短期間の交際で結婚したら、どう思いますか?

 

祝福してあげたいですが、本当に二人仲良く夫婦生活が送れると思いますか?

 

特に互いの言語を理解していない者同士が、どうやって普段の生活を送れるでしょう?

 

勿論、外国人配偶者が日本語を一生懸命勉強して、流暢に話せるまで努力するケースがありますが、日本語の微妙な言葉の意味を理解できるまで、かなりの時間が掛かります。

 

まさしく、外国人との結婚は、日本人同士以上に互いの忍耐が必要です。

 

 

入管の審査も同じで、通常なら上記①~⑤を数年かけて行うことを、わずか数か月で結婚した夫婦を健全な夫婦と看做すことはしません。(性善説的な見方はしません。)

 

入管審査は、「普通の人の目」で審査します。

 

そこをしっかり本人が説明できないと、結婚したが、いつまで経っても外国人配偶者を呼び寄せできないといったことになります。

 

 

事例として、当事務所に、自分(日本人配偶者)9回入管へ申請し、その都度「不許可」になっていた方が、来所されました。

 

詳しく話を伺うと、自分たちは真剣に結婚したのだから、当然「配偶者ビザ」を貰えると考えていました。

しかし、夫婦は短期間での交際で互いの言語は話せず、交際を証する証明はできませんでした。

そこで、二人の問題点を指摘して是正させたところ、無事「配偶者ビザ」が交付され、奥さんを呼び寄せすることができて、大いに感謝されました。

来日後も奥さんのビザ更新の手続を当事務所が行い、昨年「永住者ビザ」が許可されました。

 

このように、どのような交際や結婚であれ、真剣に結婚を考えているのなら、「配偶者ビザ」を取得することは可能です。

 

但し、自分勝手(自己流)な申請をしたり、入管業務の経験が浅い行政書士に依頼しても、「配偶者ビザ」は交付されません。

 

依頼するなら入管業務に詳しい行政書士に依頼する必要があります。

 

詳しくは、下記をクリックして下さい。

 

どんな行政書士にビザ申請を依頼すべきか?」を参照して下さい。

 

当事務所は開業以来数多くのビザの申請を行っており、取得困難なビザの交付も多数あります。

 

偽装結婚安易な本人申請で、「配偶者ビザ」の審査は今後更に審査が厳しくなります。

 

「配偶者ビザ」で悩んでいるのなら、当事務所にご相談・ご依頼ください。

 

これまでの問題点を整理して、ビザ取得できるようにサポートします。

ご相談・ご依頼はこちらに!

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間:10:00~19:00
定休日:土曜日曜祝日

お問合せはこちら

お問合せは下記のTELへ

072-232-0123

    お問合せ・ご相談

Menu

代表者プロフィール

堺ビザ申請・帰化申請
サポートオフィス
林 行政書士事務所

大阪府堺市堺区住吉橋町1-2-12

電話 072-232-0123

親切・丁寧な対応をモットーとしております。

ご連絡先はこちら

林 行政書士事務所

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123
住所

〒590-0973
大阪府堺市堺区住吉橋町1-2-12