大阪・堺市でビザ申請や帰化申請のことなら、堺ビザ申請・帰化申請サポートオフィス(林行政書士事務所)にお任せください。

お電話でのお問合せはこちら
072-232-0123
受付時間
10:00~19:00
定休日
土曜・日曜・祝日

メールでのお問合せは24時間可能

外国人の子供の出生

 

日本は国際化に向かい、年々外国人の入国が多くなっています。

 

ほんの15年位前だと、小さな都市や田舎では外国人が通るだけで振り向かれたり、中には近くまで覗きこまれることもありました。

しかし、1990年後半には観光を含め、多くの外国人が来日し、今では外国人が日本の町に自然に溶け込んだ状態になりました。

それに伴い、近年、日本人と外国人との結婚や日本で働いている外国人同士の結婚も増加しています。

 

日本人同士の結婚で子供が生まれた場合は、当然に日本国籍を取得しますし、新たに戸籍を編製しますが、日本人と外国人との結婚で生まれた子供は、日本国籍は取得できますが、配偶者の外国人には戸籍は作られません。

 

また、外国人同士で結婚しても、生地主義のアメリカのように、子供は日本国籍は取れません。

日本で外国人として生まれた子供や日本国籍を捨てて(離脱)外国人となった人で、引き続き日本に住み続けたいのであれば、ビザ(在留資格)取得する必要があります。

 

日本で生まれた場合や日本国籍離脱した場合などは、そのことが発生した日から30日以内に「在留資格取得許可申請書」を提出しなけれななりません。

外国人の子供が生まれたときの手続

外国人の子供が生まれた場合はどうするの?

  

国際結婚で日本で子供を出生した両親の手続

 国籍法第2条によれば、両親の一方が日本人の場合、その子供は日本国民とするとされています。

 

具体的に書くと下記の通りです。

 

① 子供の出生時に父または母が日本国民であること

  

② 子供が生まれる前に死亡した父が、死亡の時に日本国民であったとき

  

③ 子供が日本で生まれた場合で、父母がともに分からないときや、国籍が無いとき

 

上記3っが日本の国籍を取得できる条件です。

 

要するに、これらの条件をクリアーしないと日本国籍を取得できません。(帰化許可申請は別途要件です。)

 

また、日本国籍が取れない場合で、入国管理局へ子供のビザを申請する必要書類は下記の通りです。

  

① 在留資格取得許可申請書 (申請するビザによって様式が違います)

 

 ② 出生したことを証明する書類(母子手帳・出生届受理証明書等)

 

 ③ その他、両親に関する書類を要求される場合があります

ご相談・ご依頼はこちらに!

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間:10:00~19:00
定休日:土曜日曜祝日

お問合せはこちら

お問合せは下記のTELへ

072-232-0123

    お問合せ・ご相談

Menu

代表者プロフィール

堺ビザ申請・帰化申請
サポートオフィス
林 行政書士事務所

大阪府堺市堺区住吉橋町1-2-12

電話 072-232-0123

親切・丁寧な対応をモットーとしております。

ご連絡先はこちら

林 行政書士事務所

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123
住所

〒590-0973
大阪府堺市堺区住吉橋町1-2-12