大阪・堺市でビザ申請や帰化申請のことなら、堺ビザ申請・帰化申請サポートオフィス(林行政書士事務所)にお任せください。

お電話でのお問合せはこちら
072-232-0123
受付時間
10:00~19:00
定休日
土曜・日曜・祝日

メールでのお問合せは24時間可能

帰化が向いている人

これまで帰化を希望する外国人の多くは、韓国・朝鮮籍の方でしたが、最近では中国やブラジル、フィリピン、ネパール人等が増えてきています。

 

帰化をするということは、簡単に言えば、今ある国籍を放棄することになります。

 ということは、今ある国籍と日本国籍を比較して、どちらが自分にとってメリットがあるか冷静に判断しなければなりません。

 

勿論、自分の国に愛国心や忠誠心がある人は、帰化する必要はありません。

 帰化するか・しないかは、一般的に長年に亘り日本で生活し、自国と日本の生活を比較することで決断しますが、下記のような人は帰化が向いています。

  

① 日本が好きな人

  

② 日本で生れて、日本の教育を受けた人

  

③ 長年に亘り、日本に住んでいる人

  

④ 配偶者が日本人の人

  

⑤ 日本人と結婚しようとする人

  

⑥ 仕事の関係で日本国籍の方が良い人

  

⑦ 海外へ頻繁に出かける人

  

⑧ 日本で進学・就職する人

 

 ⑨ 母国が政情不安の人

  

⑩ 母国に帰れない人

 

①の「日本が好きな人」は全ての帰化申請者に当てはまると思います。

 

 ①以外の、②の人も結構います。

 日本で生れ、教育を受けるということは、日本人的な発想を持っています。

 違うのは国籍だけです。

 

 ②の人の問題点の多くは、アイデンティティ(Identity)=自分のルーツ、について不安要素を抱えている人たちです。

  

ですから、他人がどうこう言って解決できる問題ではありません。

 

また、③の長年日本に住んでいると、日本の倫理観が当然になり、母国に帰省した際、日本と母国の倫理観・道徳観のギャップに悩まされ、帰化を希望したという外国人も、過去に当事務所にいらっしゃいました。

 現実的な理由としては、⑥、⑦、⑧の人も帰化を考えるでしょう。

  

帰化とはそれぞれ個別の理由で申請されますから、自分自身をよく考える必要が一番大事です。

ご相談・ご依頼はこちらに!

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間:10:00~19:00
定休日:土曜日曜祝日

お問合せはこちら

お問合せは下記のTELへ

072-232-0123

    お問合せ・ご相談

Menu

代表者プロフィール

堺ビザ申請・帰化申請
サポートオフィス
林 行政書士事務所

大阪府堺市堺区住吉橋町1-2-12

電話 072-232-0123

親切・丁寧な対応をモットーとしております。

ご連絡先はこちら

林 行政書士事務所

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123
住所

〒590-0973
大阪府堺市堺区住吉橋町1-2-12