大阪・堺市でビザ申請や帰化申請のことなら、堺ビザ申請・帰化申請サポートオフィス(林行政書士事務所)にお任せください。

お電話でのお問合せはこちら
072-232-0123
受付時間
10:00~19:00
定休日
土曜・日曜・祝日

メールでのお問合せは24時間可能

帰化と永住の違い

帰化と永住の違いはなんでしょうか?

  

まず、帰化について説明しますと、

大きな違いは、帰化外国人が日本の国籍を取得し日本人になることです。

日本人になることで、当然、入管との関係は無くなります。

  

申請窓口も同じ法務省でも、帰化が法務局への申請なのに対して、永住は入国管理局へ申請を行う必要があります。

 日本は二重国籍を認めていませんから、帰化した場合、これまで持っていた国籍を放棄しなければなりません。

 と云うことは、以前持っていた国の人から見れば、帰化した人は「外国人」になります。

 ですから、元母国に行く場合、ビザを取得しなければなりません。

  

日本生まれの日本人には当たり前のことですが、日本の旅券を持っていると殆どの国に行くことができます。

 日本の旅券を所持することで、特に観光に関しては、ノービザもしくは、ビザを取得する必要があっても、比較的簡単に取得できます。

 アジアや中南米諸国の人にとって、取引先の国に行く為に頻繁にビザ申請しなければなならない人にとって、ノービザまたは簡易申請は非常に有益です。

 海外取引などで出国したい為に、帰化する人もいます。

  

勿論、日本人になったら、他の日本人同様「選挙権」や「被選挙権」といった、参政権があります。

 就労にも法律に反しない限り、どんな職にも就くことができます。

 

永住外国人が国籍はそのままで、日本に永久に住めることができる「永住のビザ」を取得することです。

 永住ビザの所有者は、ビザの更新は不要となりますが、外国人登録や再入国手続きは必要です。

 永住ビザは言葉通り、日本に永年住むことが可能ですが、これはあくまで「これからも日本に住んでいいよ。」と云うだけで、もし、犯罪や法律違反等した場合で、退去強制事由に該当すれば、強制退去処分を受ける可能性があります。

 

帰化の場合は、許可された人は当然、日本人ですから、強制退去ということはありません。

 また、永住ビザでは参政権はありません。

 一部の地方公共団体は一定の資格がある定住外国人には住民投票などの投票権を与えるところはありますが、稀で将来的にも、なかなか参政権まで得られる可能性は低いです。

 被選挙権も当然ありませんから、立候補するには帰化しなければなりません。

 実際、地方議会や国会でも帰化して、議員になっている人もいます。

 

仕事に関しては、法律に反しないなら他のビザのように、いちいち入管の許可をもらう必要はありません。

 公務員については国籍条項により、永住ビザでも就労できない職種があります。

  

以上のように、帰化と永住を考えている方は、

生涯日本で住み続ける意志があるようでしたら、帰化をされた方が良いでしょう。

 反対に、将来母国に帰ることを考えている人や、母国と日本で取引している人や、母国にしょっちゅう帰国する人や、母国が好きという人は帰化しないで、永住申請すれば良いでしょう。

ご相談・ご依頼はこちらに!

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間:10:00~19:00
定休日:土曜日曜祝日

お問合せはこちら

お問合せは下記のTELへ

072-232-0123

    お問合せ・ご相談

Menu

代表者プロフィール

堺ビザ申請・帰化申請
サポートオフィス
林 行政書士事務所

大阪府堺市堺区住吉橋町1-2-12

電話 072-232-0123

親切・丁寧な対応をモットーとしております。

ご連絡先はこちら

林 行政書士事務所

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123
住所

〒590-0973
大阪府堺市堺区住吉橋町1-2-12