大阪・堺市でビザ申請や帰化申請のことなら、堺ビザ申請・帰化申請サポートオフィス(林行政書士事務所)にお任せください。

お電話でのお問合せはこちら
072-232-0123
受付時間
10:00~19:00
定休日
土曜・日曜・祝日

メールでのお問合せは24時間可能

大阪・堺市の堺ビザ申請・帰化申請サポート

ロシア人との結婚手続

 

近年の日本は国際化が進み、外国人との結婚も日本人同様一般的になりますが、ロシア人との国際結婚も増加しています。

ただロシア人との結婚での多くは下記のケースが多いです。

 

① お見合い業者を通しての結婚

 

② ロシア人パブやスナック等で知り合っての結婚

 

もともと一部の地域以外、ロシア人は日本にそう多くいません。

具体的にいうと、日本には約8,000人のロシア人がいますが、そのうち、約5,000人が女性です。

一番人口が集中しているのが、東京の約2,000人ですが、北海道(約600人)、富山(約400人)、新潟(約300人)と、地方にもロシア人が分散して住んでいます。

これら地方に住んでいるロシア人は、日本製品の輸出業務に従事していることが要因と考えられます。

 

さて、日本人男性がロシア人女性と知り合うきっかけは、上記のとおり①また②が圧倒的に多いです。

 

のお見合い業者は、入会金や渡航費用、結婚成立時報酬を支払うことで、結婚はできます。

しかし、結婚できたからといって、日本で住める保証はありません。

 業者も良く考えたもので、ビザの申請・取得に関しては詳しく説明していないところが多いです。

結婚はできたけど、奥さんが来日できない。」といった問題は、現実に起こっています。

では、②の日本で出会った(知り合った)ケースはどうでしょう?

この場合、合法に働いている人もいますが、不法就労のケースも多々あります。

 

パブやスナックといった風俗営業は、日配や定住者といった決められたビザでないと働くことはできません。

よく留学のビザでアルバイトとして働いている外国人がいますが、これは違法行為にあたり、入管に見つかれば退去強制される可能性があります。

ですから、たとえそういったところで知り会っても、結婚ができてもビザの変更ができない(またはビザを取得できない)といったケースがあります。

こうならない為にも、結婚を考えているなら、ビザ申請に詳しい行政書士に相談・依頼することをお勧めします。

 

何も考えずに結婚すると、後で大きな問題が発生する可能性があります。

お見合い業者を介しての結婚

ロシア人との結婚で一番多いのが、結婚紹介所を介して結婚です。

 これは日本に於ける結婚事情が影響しております。

 即ち、結婚したくても結婚できない人が多いからです。

 最近の統計でも、50歳以上の男性の5人に一人は結婚をしたことがない(未婚)という結果が出ています。

 日本人との結婚は難しい、そこで、ロシア女性との結婚斡旋が増えるのです。

  

日本人の男性は嫁が欲しい、ロシア人女性は貧困からの脱出、お互いの打算が相成って結婚が成立となります。

 ロシア人女性は ロシア極東連邦管区が多く 特にハバロフスク・ウラジオストックの女性が多いです。

 これは、日本からも近く 新潟や青森・北海道から直行便が出ていることが要因です。

  

また、これらの地区はまだ発展途上で 経済的にも貧しいので、 生活の安定・親の援助等を求めて日本人との結婚を求める女性が多いです。

 さらに、ロシア人はアジア圏とは違い、習慣・文化にかなりの違いがありますから、なかなか意思疎通が難しいです。

  

ロシア人は白人が多く、日本人からみると美人が多いので、お見合いで舞い上がってしまい、後先考えずに結婚に至るケースが多いです。

 また、多くの日本は結婚を前提に渡露する人が多いでしょう。

 その為、渡露時に結婚する為の必要書類を用意しています。

 

たとえ、お見合いしても、合う、合わないがあるのに、既に結婚準備をすること自体、摩訶不思議なことです。

  

日本人男性とロシア人女性の国際結婚は増えていますが、見えや見栄えで結婚すると、後で必ず失敗します。

 日本人は純粋に結婚したいだけであっても、ロシア人は自国の家族の生活が大変で、家族を助ける為 日本人男性との結婚を望む女性も少なくありません。

 日本人と結婚することで自分の生活が豊かになり、また、親兄弟に生活費を送る為に夫婦間の生活費を削って母国に送金する女性が多いです。

  そういったことを理解して結婚しないと、後で後悔することになります。

お見合い業者(結婚相談所)通しての結婚の問題点

国際結婚される人たちが増えていまが、その反面、騙されたというケースも数多くあります。

一番の原因が、お見合い業者(国際結婚相談所)を通しての問題です。

勿論、まじめな業者が大半だと思いますが、当事務所へ相談を受けたケースで、お見合い業者が絡んだ案件が多いのも事実です。

 

たとえば、

① 当初紹介された女性が現地に行くと、全く違う女性だった。

 

② お見合いをすると、女性がお金の話ばかりする。

 

③ 通訳を通すので、当人の意思に関係なく結婚手続をする。

 

④ 結婚手続に多額な費用を請求された。

                   といったケースです。

 

この場合、日本人男性は結婚願望があるので、無理な要求されても我慢する方が多いです。

そして、ロシアで結婚手続ができたので、日本に帰国して、配具者ビザ申請手続をしても不交付になります。

 

短期間での交際やお見合い後、すぐに結婚では、配偶者ビザを交付されることは、まず無理です。

また、一度結婚すると、国際結婚の場合は離婚は難しいです。

せっかく、結婚できても一緒に住めないことにならないように、国際結婚を考えている方は信頼できる行政書士にご相談・ご依頼下さい。

 

当事務所は、配偶者ビザ(日本人の配偶者等)の申請に豊富な経験がありますので、悩む前に是非、御相談・ご依頼下さい。

ロシアで結婚後の手続

 

 

ロシアで結婚後の手続き 

 

① 日本人の婚姻要件具備証明書を用意し、在日ロシア公館で翻訳認証を受けます。

  

 ロシア人の居住する現地住所地区の公証人の目前で婚姻公証書を作成し、居住地の住民登録機関(ザックス)で結婚登録します。

 

  但し、住民登録機関(ザックス)によっては、日本人の婚姻要件具備証明書やパスポートのコピー、翻訳認証された戸籍謄本の提出が要求されることもありますから、事前に確認しておきましょう。

  

③ 在ロシア日本公館にて婚姻届を提出します。

   在ロシア大使館・領事館に婚姻届を提出します。

 

 ④ 日本人が現地に住む場合は、ロシアのイミグレーションで滞在ビザ申請します。

 

またロシア人が日本に居住する場合は、日本へ入国する為に在ロシア日本公館に提出して入国ビザを申請・取得します。

 現地でお見合いでの結婚を経てのビザ申請の場合は、日配ビザが交付される可能性は少ないです。

日本で結婚する場合

日本で婚姻する場合

  

1.ロシア人が短期滞在ビザで日本に入国します。

  

2.ロシア人が本国から持参した婚姻適格要件証明書を在日ロシア大使館に提出し、婚姻要件具備証明書を発行してもらいます。

  

3.婚姻要件具備証明書を持参の上、居住地の市区町村役場に婚姻届と共に提出します。
  日本人は本籍地以外の役所で提出する場合は、戸籍謄本を提出します。

  

4.市区町村役場で婚姻届受理証明書を発行してもらい、在日ロシア大使館領事部へ出頭します。

   領事部では婚姻届受理証明書の裏面に証明を記載します。

 

 5.婚姻届受理証明書、婚姻関係が記載された戸籍謄本など指定の書類を揃え、管轄の地方入国管理局にて在留資格変更許可(短期滞在から日本人の配偶者等への変更)を申請します。

   

日本人の配偶者等への変更が許可されると、基本的に1年の在留期間が得られ(但し、2012年7月9日以降は、半年の可能性があります)、以降在留期間更新手続を行います。

 この更新手続を2~3回行うと、在留期間が3年になる場合があります。

  

両人に婚姻が真正と認められたら「日本人の配偶者等」のビザに変更許可されますが、近年偽装結婚が増加傾向で認められないケースも増えています。

  

この場合は日本で住むことができなくなり、たとえ日本人と結婚していても、配偶者はロシアに帰国する必要があります。

 

こうならない為にも申請前にビザの申請に詳しい行政書士に相談されることをお勧めします。

 

  当事務所は配偶者ビザの申請が豊富にありますので、安心してご相談・ご依頼して頂けます。

ロシア人との離婚

不幸にもロシア人配偶者と離婚する場合は、日本の市町村役場にて離婚手続きを行い、日本の離婚届受理証明書のロシア語訳を、在日ロシア大使館・領事館で認証してもらいます。

 

その後、認証された離婚証明書を、ロシアの戸籍登録機関(ザックス)に提出して、離婚手続きを行います。

 これで日本とロシア両国の離婚手続きが完了します。

ご相談・ご依頼はこちらに!

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間:10:00~19:00
定休日:土曜日曜祝日

お問合せはこちら

お問合せは下記のTELへ

072-232-0123

    お問合せ・ご相談

Menu

代表者プロフィール

堺ビザ申請・帰化申請
サポートオフィス
林 行政書士事務所

大阪府堺市堺区住吉橋町1-2-12

電話 072-232-0123

親切・丁寧な対応をモットーとしております。

ご連絡先はこちら

林 行政書士事務所

お電話でのお問合せはこちら

072-232-0123
住所

〒590-0973
大阪府堺市堺区住吉橋町1-2-12